2011.02.18 Friday

Windows Mobile 在庫照会

Windows Mobile用の在庫照会を作ってみました。
やはり事務所に行って在庫を確認するより、手元に
常にこういったモバイル端末があって、直ぐに確認
できるというのは魅力的ですね。

もちろんハンディターミナルなどの機器でもこの様
なことは出来るのだが、画面の美しさや広さなどは
とうてい及ぶものではない。

そして何よりモバイル端末での「売り」は客先とか
からでもこの様な照会機能が使えるのですね。
在庫管理などを行っていると、そう言う要望は多い
んです。

でも今まではバッチ型のハンディを使っていたり、
高価なものを使っていたりしましたが、Windows Mobile
ならコストを抑えられます。

在庫照会の条件エントリー画面

商品コードやロット番号、倉庫番号などを入れ、
その商品がどこの棚に何個有るかを表示します。


在庫照会の明細表示画面

左から棚番、商品コードロット番号、商品名、個数
となっています。




2011.02.12 Saturday

Windows Mobile 向けレストラン売上入力システム

うちのお客様には何社かゴルフ場がありますが、ほとんどのところ
にはパソコンだけでハンディ端末を使ったオーダーリングシステム
を導入しているところはありません。

その訳はオーダーリングシステムを入れるとシステム費用がうんと
高くなり、投資に見合うだけのメリットが無いからである。

しかしその反面、現場ではハンディを使って売上を入力したい、という
要望はかなり高い。というのもお客様の注文をその場で受けて調理場
までオーダーを伝えに行かなくても良い、というのは作業効率や動線
から考えても理にかなっている。

そこでコストが安く付く汎用のWindows Mobileを使って売上のエントリー
システムを作ってみました。

Windows Mobile端末は今持っているTOSHIBAのT-01B用に設計、開発
してみました。
Visual StudioのC#で開発しているのでどんなWindows Mobileでも
動いてくれるんじゃないかと思います。

分かりやすいようにスクリーンショットを撮ってみました。


■テーブル番号とロッカー番号(部屋番号でも良し)の入力画面。

ゴルフ場での売上単位はあくまでも個人。
なのでテーブル番号と共にロッカー番号(宿泊者の場合は部屋番号)
は必要なんですね。

また今回の開発ではユーザーコントロールとして、

・数字入力コントロール
・ファンクションボタンコントロール

を新たに作成しました。


■カテゴリー選択画面

商品カテゴリーの選択を行います。


■商品選択画面

選ばれたカテゴリーの商品の一覧が表示され、商品をタッチ
するとお客様に対しての売上が計上されます。


■売上詳細確認画面

売上の確認をお客様に対して行い、OKであれば登録処理
を行います。


2011.02.12 Saturday

PaSoRi(パソリ)の導入



お客さんのところへKabeLock Liteを導入する前にまずはソニー製
FelicaカードリーダーPasoriをPCに繋ぐ必要がある。

パソコンのバージョンはWindowsXPなのであるが、インストール
がすんなりいくものといかないものが出てきたのでちょっとメモだけ
しておく。

1,2年以内に導入したパソコン(WindowsXP)には .NET Framework2.0
がすでに入っているのでいいのであるが、古いパソコンには入っていない。
よってまずはNET Framework2.0からのインストールとなる。

再頒布可能パッケージ下記からダウンロードします。

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0856eacb-4362-4b0d-8edd-aab15c5e04f5&displayLang=ja

ダウンロード後、インストール。

それからPasori(Felica)のドライバーをインストール。

※PCによってはPasoriを差しただけで自動的にインストールされる
 ようだが、うまくいかないものもあるのでインストールしておくに
 越したことはないでしょう。

下記からドライバーをダウンロード&インストール

http://www.sony.co.jp/Products/felica/consumer/download/felicaportsoftware.html?j-short=fsc_dl

インストール後に、Pasoriをパソコンに差します。


2011.02.12 Saturday

KabeLock Lite 完成しました。





お客さんに以前導入していたWinloqというソフト(ハード込み)が
もう販売中止になっていた。
お客さんの方では既に5年ぐらい使ったせいかWinloqの故障が続々

と出だして

 「どうにかしてくれ」

という状態でした。

ただし、使っている本人からすると面倒くさいカードの抜き差しはし
 ないで良いので「これのほうがいいや!」という感じでしたが・・・(笑)。

しかし会社全体としてはそうはいきませんので、さっそくいろんな商品
を物色しましたが、高い物がおおく、手軽にインストールできるような
ものは有りませんでした(コストも高かったですしね)。



そこで市販しているカードリーダーであるソニーのPasoriを使って
自作することにしました。

仕様は以下の通り

1.Windowsのログインは標準の物

2.Windowsの起動時にKabeLock Lite が起動する;

3.起動時にすでにカード登録がされていればカードチェックを行う;

4.カードチェックはカードが認識できないか、登録以外のカードなら
  キーボードロックとマウスロックがロックされる。

5.登録されているカードが認識出来れば通常と同じようにパソコンを
  使用することが出来る。

6.Felicaカードを個人認識カードとして登録することができる。

7.カード抜き差し時にログを落とすことが出来る。

汎用品を使っているので、ほとんど商品が販売中止になることは無い
だろうし、コストも一台3000円と安い(WinLoqは3万円もしました)。

またソフトもこちらですべて手作りなので今後のバージョンアップにも
 簡単に対応できます。

あとプラグイン機能によりカードの抜き差しによっていろんなことが
 出来るようになります。

たとえば 、、、

・カードを差したときに特定のソフトが自動で起動する
・カードを抜いた時にバックアップを自動で行う
・カードによって使えるソフトの権限を分ける

などなど。

市販は今のところしていませんが、「導入したい」という会社があれば
ご一報下さい。


2010.11.12 Friday

Firebird1.5と2.5の共存

現在お客さんのところで使用しているFirebirdのバージョンは1.5Xが
圧倒的に多いが、今後導入するお客さんのところはおそらく2.5xになる
と思われる。

しかし私たち開発のPCは両方ともインストールしておかねばならないの
で共存出来る方法はないかと検索したところDelphiのメーリングリスト
でそのような記事がありました。

http://www.freeml.com/delphi-users/826/latest

記事中のまとめを転載

1) Zip版を別々のディレクトリに解凍する。
2) binディレクトリ内の instreg を 1.5側で実行する
3) binディレクトリ内の instsvc を -n オプション付きでインストールする。デフォルトは
DefaultInstanceなので、Firebird15 と Firebird21 など。
4) それぞれのfirebird.confのRemoteServicePortを3050と3051などに分ける
5) isntsvc コマンドで名前を指定して起動する。(サービスマネージャからでもよい)


たとえばFirebird1.5はすでにインストールしているときは以下の手順
になります。

1) Zip版をc:¥Program Files¥Firebird2_5に解凍する

2) インスタンスの作成
     2.5 のBinフォルダーにて
     > instsvc install -n Firebird25

3) ポートの変更(
     2.5 のルートフォルダー firebird.conf の RemoteServicePortを変更
    RemoteServicePort=3051

4) インスタンスの開始
     2.5 のBinフォルダーにて 
     >instsvc start -n  Firebird25

5) ユーザーの作成
    gsec -user SYSDBA -password masterkey -add KabelUser -pw KabelPass

6) aliases.confに以下の記述を追加
     KabelDB = c:¥Kabel¥Data¥Kabel.FDB

7) ODBCの定義を作成
     Data Source Name = KabelDB
     Database = localhost/3051:KabelDB
     Database Account = KabelUser
     Password = KabelPass

これでつながるようになると思います。
     

Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
**
会社概要
profilephoto
大阪のソフトウェア開発会社です。 主に物流関係やゴルフ場のソフトを作っています。 http://www.kabel.jp
Facebookページ
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM