<< Android プロジェクト始動! | main | XP Home Security 2012 マルウェア その1 >>
2011.09.04 Sunday

Windows 違うユーザーでのコマンド実行

Windows2008 Server上のデータベース(Firebird)を最適化するために一度
データベースをストップし、データベースのバックアップ&リストアを月に
一度やることになった。

この時に各クライアント(Windows7)を一度サーバーから自動再起動すると
いう必要がある。この時にコマンドとしてはWindows標準の Shutdownという
コマンドを使って

Shutdown /m ¥¥Station1 /r
Shutdown /m ¥¥Station2 /r

などとしてやれば自分以外のPCも再起動が出来る。
ただし、これを行うときは自信のログインしているユーザーIDとクライアント
がログインしているユーザーIDが一緒で無ければならないようだ。

※何か方法が有るかもしれないが、ここでは追求しない

そこでクライアントのユーザーIDで上記コマンドが使えないかと思い調べた
ところ RunAs というコマンドがあることがわかった。
以下のような感じで使うことが出来る。

runas /noprofile /user:Server1¥ClientID "Shutdown /m ¥¥Station1 /r"

この時、パスワードを要求され、正しいパスワードが入力されれば速やかに
シャットダウンが実行される。

※クライアントのユーザーがサーバーにも定義されており、パスワードも同じ
 という前提である。

しかし、困ったことにバッチの中でこのコマンドを使うことが出来ない。
なぜならいちいちパスワードを手入力しなければならないからである。

そこでまた調べていると RunAsコマンドには /savecred というオプションが
ありこのオプションを付けて一回でも実行すると(パスワードも入れて)、
その情報を記憶しているみたいで、以後、このオプションを付けて実行する
ことにより、パスワードの要求は来なくなった。資格情報として覚えていて
それを元にログインするらしい。

さて、この「資格情報」とやら、まさか再起動したら消えるんじゃないだろ
うか?という不安はあるが、今のところサーバーは再起動しないので、する
ときにでも実験してみよう。。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
**
会社概要
profilephoto
大阪のソフトウェア開発会社です。 主に物流関係やゴルフ場のソフトを作っています。 http://www.kabel.jp
Facebookページ
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM