<< Windows7にお引越し(備忘録1) | main | TcpClientのConnectが遅い >>
2010.06.29 Tuesday

Windows7にお引越し(備忘録2)

Windows7と直接関係無いのですが、お引っ越し時の備忘録

Delphiをインストールして、アプリケーションをコンパイルして統合環境で実行しました。
そのアプリ、F12キーに「検索」機能があるのでF12を押すとCPUウィンドウが表示された!!!

そういえば、WindowsXPでも同じことあったなーと思い返すも、どこをどういじったか忘れました。

検索して、やっとこ見つかったので備忘録として残しておこうっと

Windows NT系で起こります。OSレベルで実装されています。
回避方法は、レジストリーの
HKEY_LOCAL_MACHINE
 SOFTWARE
  Microsoft
   Windows NT
    CurrentVersion
     AeDebug
のUserDebuggerHotKey
値を0x00000000から       <--- F12キー
  0x00000013とかに変更する。 <--- Pauseキー

これは、DelphiだけじゃなくVisualStudioでも同じようです。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
**
会社概要
profilephoto
大阪のソフトウェア開発会社です。 主に物流関係やゴルフ場のソフトを作っています。 http://www.kabel.jp
Facebookページ
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM