2014.02.11 Tuesday

大阪能楽会館WEBサイト完成



大阪能楽会館WEBサイト完成がやっと完成しました。
当初のプロトタイプはさっと出来ていたのですが、データの入力やら写真やら、、それとスケジュールの都合がなかなか合わなくって今頃になってしまいましたが、お客様の満足度も高かったので、ひとまず安心。

しかし、いつもプログラムの開発ばかりしているので、こんなデザインの仕事をすると、ちょっとばかり「息抜き的」名ところもあるのですが、、そこはやっぱり仕事としてちゃんとやらないとダメ、っていうとこの葛藤はありますね。

今回はユーザーもメンテしたい、ということでWix.comを使ってみました。
これだと「ギリギリ」ユーザーでもメンテできるかなぁ、、でもやっぱり「PCが全くダメ」っていう人にはもちろん無理なので「ある程度PCがさわれ」て、器用になんでも出来る、って言う人じゃないと無理だと思います。

「大阪能楽会館」

http://nougaku.wix.com/nougaku
2012.08.02 Thursday

iPadを使った テーブルトップオーダーシステム(TTOS)

この5月からの3ヶ月間でiPadを使ったテーブルトップオーダー
システムの開発を行った。
以下のYoutubeの動画はデモ用に作成したものです。




5月に入りMac Airを買い、iPadを買い、、というAppleにまったく
触れたことも無いところからの開発で大変に苦労しましたが、
Androidとかの経験やWebでの開発の経験を生かしつつ、それでも
毎日会社を出るのが夜の11時という生活を続けてやっと完成しまし
た。

このシステムを買いたい、と言う片がいればご連絡下さい。
弊社では直接販売することは有りませんが、販社を紹介いたします。
2011.12.16 Friday

XP Home Security 2012 マルウェア その2

「お金を払ってね」か、、、

「どうする?」という顔で知り合いの顔を見ると「払いたくない」
という顔をしていた。。
「仕方ないなぁ」と思い別のツールを探してみた。

すると「Download Free-Scan Removal Tool」というツールを
見つけた。
それが「Spyware Doctor」というツールである。



じゃあということでさっそく僕のPCでダウンロードし、USBにコピー
そしてそのPCを再起動して(再起動しないとコマンドプロンプトさえ
開けなくなる)、コマンドプロンプトをあける。
その後、そのプログラム名を探して起動、インストール、セットアップ
と順調にするんでいく、ウイルスのスキャンが始まった。

ウイルスのスキャンはどれぐらいかかるだろう。。。たぶん30分ぐらい
かなぁ、、、Spyware Doctorというソフトはウイルスを発見したと同時
にそのファイル自身を隔離してくれるようである。

ですのでスキャン成功後、ウイルスの駆除のボタンを押してまたも

「お金を払ってね」

の画面がでて僕たちが唖然としたのですが、すでのウイルスたちは隔離
されていたので駆除できないまでも隔離されているのですでにウイルス
(マルウェア)としての動きはしないのでありました。

でもでも、メインのメーラーであるBeckyを立ち上げると・・・・

続く。




2011.12.15 Thursday

XP Home Security 2012 マルウェア その1

近所に住む友人から

「インターネットを検索していたら変な画面が出るようになった」

との電話を受けた。
以前にもあったマルウェアかな?と思って

「どんなメッセージが出てますか?」

と聞いたところ

「『XP Home Security 201』という画面が開いて検索が始まるんです」
「でも何かしようと思っても、何もできなくなるんです・・・」

とのこと。以下のような画面ですね。


そこでインターネットを検索して調べてみたところ「Trojan Killer」
というソフトで除去できる見たいなのでそのよしを告げた。

しばらくしてまた電話があり、

「ソフトをダウンロードしたけどインストールすらさせてくれない」

らしい。なるほどEXEをエスクプローラーから起動するとそのソフトが
邪魔をして起動すらさせてくれないようだ。

仕方なくその晩にお宅に伺うようにした。

まずやったことは「Trojan Killer」をコマンドプロンプトを起動して
インストールすることでした。
するとインストーラーが立ち上がり無事インストール完了できた。
その後チェックを開始していくつかのウイルス、マルウェアを発見する
ことができた。

そして「駆除」しようとしたときに「お金を払ってね」のウィンドウが・・・・

続く・・・



2011.09.04 Sunday

Windows 違うユーザーでのコマンド実行

Windows2008 Server上のデータベース(Firebird)を最適化するために一度
データベースをストップし、データベースのバックアップ&リストアを月に
一度やることになった。

この時に各クライアント(Windows7)を一度サーバーから自動再起動すると
いう必要がある。この時にコマンドとしてはWindows標準の Shutdownという
コマンドを使って

Shutdown /m ¥¥Station1 /r
Shutdown /m ¥¥Station2 /r

などとしてやれば自分以外のPCも再起動が出来る。
ただし、これを行うときは自信のログインしているユーザーIDとクライアント
がログインしているユーザーIDが一緒で無ければならないようだ。

※何か方法が有るかもしれないが、ここでは追求しない

そこでクライアントのユーザーIDで上記コマンドが使えないかと思い調べた
ところ RunAs というコマンドがあることがわかった。
以下のような感じで使うことが出来る。

runas /noprofile /user:Server1¥ClientID "Shutdown /m ¥¥Station1 /r"

この時、パスワードを要求され、正しいパスワードが入力されれば速やかに
シャットダウンが実行される。

※クライアントのユーザーがサーバーにも定義されており、パスワードも同じ
 という前提である。

しかし、困ったことにバッチの中でこのコマンドを使うことが出来ない。
なぜならいちいちパスワードを手入力しなければならないからである。

そこでまた調べていると RunAsコマンドには /savecred というオプションが
ありこのオプションを付けて一回でも実行すると(パスワードも入れて)、
その情報を記憶しているみたいで、以後、このオプションを付けて実行する
ことにより、パスワードの要求は来なくなった。資格情報として覚えていて
それを元にログインするらしい。

さて、この「資格情報」とやら、まさか再起動したら消えるんじゃないだろ
うか?という不安はあるが、今のところサーバーは再起動しないので、する
ときにでも実験してみよう。。

Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
**
会社概要
profilephoto
大阪のソフトウェア開発会社です。 主に物流関係やゴルフ場のソフトを作っています。 http://www.kabel.jp
Facebookページ
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM